モビリティConnected(コネクティッド)

CASE

  • Connectedコネクティッド
  • Autonomous
  • Shared & Service
  • Electric

CASEにおける「Connected(コネクティッド)」の定義

「コネクティッド」における自動車は、車内に通信機を搭載し、常に外部と情報のやりとりをすることで、これまで以上に質の高いサービスを利用者に提供できるように進化しています。
クラウドサーバーからのビッグデータ(詳細な地図情報、音声認識、運転手のプロファイリング情報など)を受信・活用することで、自動車単体では実現できない高度な機能を提供できるようになります。また、自動車の走行データを外部に提供することで、ビッグデータを利用した新たなサービス展開にも活用されます。

CASEにおける「Connected(コネクティッド)」の定義イメージ

取り巻く環境

「5G」などのインフラ・通信環境の拡充とIoTの急速な成長を背景に、自動車のコネクティッド化も同様に広がりを見せています。スマートフォンなどを使用して接続する「モバイル連携型」と、常時接続できる環境を備える「エンベデッド連携型」があり、将来的にはエンベデッド連携型の拡大・普及によって、多くの自動車が外部との通信環境を常時持つことが想定されます。
大容量データの高速通信が可能になることで、ADASなどでの高精度な地図データの活用や、ドライブレコーダーで記録した運転状況の画像データをセンターにアップロードし分析するソリューションなど、さまざまなサービスが展開され始めています。

Connected(コネクティッド)の取り巻く環境

関連技術

自動車が外部と通信する手段としては、通信機能を備えたECUを経由させるケースと、車内に持ち込んだスマートフォンによって通信するケースがあります。カーナビなどの画面操作を通して車外との通信を行うことも多く、カーナビにも通信関連の設計が含まれています。

Connected(コネクティッド)関連技術イメージ Connected(コネクティッド)関連技術イメージ Connected(コネクティッド)関連技術イメージ

Sky株式会社実績紹介

コネクティッド領域において、Sky株式会社では以下のような開発実績・技術力を有しています。

通信ECU開発

通信制御
  • Wi-FiやBluetooth(DUN、PAN)、DCM / V2Xの物理層プロトコル制御に関する開発
バックアップバッテリー制御
  • 緊急通報等の機能において、事故時にも通信を担保することを目的として二次電源の電池制御、切替制御、各国法規への対応
通信関連アプリケーション
  • リモートエンジンスターター、緊急通報等のアプリケーション設計
  • サーバーやセンターとの通信データ処理

カーナビゲーションECU開発

スマートフォンとの通信制御、接続管理
  • 複数のスマートフォンの選択・調停、通信関連制御およびモバイルデバイスマネジメント制御
  • Bluetoothの各種プロファイル制御(HFP、A2DP、AVRCP、SPP、OPP、PBAP、MAP、BLEなど)
ユーザープロファイル制御
  • スマートフォンや指紋認証ECUと連携したユーザープロファイル判断
  • センターとのプロファイル関連データ送受信およびバックアップ制御
ネットワーク制御
  • 複数の通信層の排他・調停・ネットワークマネジメント制御
  • データ通信と音声通話の排他制御
スマートフォン連携アプリケーション
  • サードパーティー提供ミドルウェア(CarPlay、Android Auto、CarLife、SmartDeviceLinkなど)の搭載
  • カーナビゲーションシステムのネイティブ機能へのポーティング対応
  • Apple認証(MFi) / Android認証(HUIG)関連対応

関連資料ダウンロード

Sky株式会社のソフトウェア開発に興味を持ってくださった皆さまに向けて、各種資料をご用意しました。下記よりダウンロードいただけますので、ぜひご活用ください。

関連資料ダウンロードページ

お問い合わせ

ソフトウェア開発・評価/検証(ソフトウェアテスト)に関するご依頼・ご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。弊社製品・サービスに関するお問い合わせは、各商品Webサイトより受けつけております。

パートナー企業募集

Sky株式会社では長期的なお付き合いができ、共に発展・成長に向けて努力し合えるパートナー企業様を募集しております。パートナー企業募集に関するご依頼・ご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。

ページのトップへ