AI・画像認識

PoCからシステム化まで、AI・画像認識システムの開発をサポート

車の自動運転や医用画像診断支援、工場での外観検査など、AI・画像認識を活用したシステムは、すでにPoC(事前検証)から実用化に向けたフェーズへ移行しています。Sky株式会社では、車載・医療・FA・オフィスなどのさまざまな分野で、AI・画像認識を活用した開発に携わっており、技術やノウハウを蓄積しています。AI・画像認識の開発についてお困りごとがあれば、ぜひ一度弊社にご相談ください。

開発の流れ

AI・画像認識システムの開発の流れは以下のようになります。

AI画像認識 開発の流れ AI画像認識 開発の流れ

「個々のフェーズでこういう技術を持つエンジニアが数名必要」「要求分析から導入・運用まで一括でサポートしてほしい」などのご要望に対して、柔軟に対応します。

松岡顧問・藤吉技術アドバイザーの紹介

弊社では、第一線で活躍されている専門家の方々と毎月ミーティングを実施。AIや画像認識の技術、業界情報についてご教授いただき、常に最先端の内容を取り入れています。

松岡 聡氏

松岡 聡氏

国立研究開発法人理化学研究所
計算科学研究センター センター長
東京工業大学 特任教授

東京大学理学系研究科情報科学専攻、博士(理学、1993年)。2001年より東京工業大学・学術国際情報センター教授。2017年より産業技術総合研究所(AIST)・東京工業大学RWBC-OILラボ長、2018年より現職。世界ランキング首位となったスーパーコンピューター「富岳」の開発において、センター長として中核的な役割を担う。

藤吉 弘亘氏

藤吉 弘亘氏

中部大学 工学部 教授
日本ディープラーニング協会 理事

1997年、中部大学大学院博士後期課程修了。米カーネギーメロン大学ロボット工学研究所Postdoctoral Fellow(1997年)、中部大学工学部情報工学科講師(2000年~)、同大学准教授(2004年~)、米・カーネギーメロン大学ロボット工学研究所客員研究員(2005年~2006年)、中部大学教授(2010年~)、名古屋大学客員教授(2014年~)。計算機視覚、動画像処理、パターン認識・理解の研究に従事。

技術者人数(2021年9月現在)

高度なQCDが求められる車載や医療分野の組込み / 制御システム開発で活躍してきたエンジニアに対して、独自カリキュラムの研修を実施。AI・画像認識技術を必要とする業務でも活躍できるエンジニアの育成を進めています。

AI技術者

110

画像認識技術者

180

関連資料ダウンロード

Sky株式会社のソフトウェア開発に興味を持ってくださった皆さまに向けて、各種資料をご用意しました。下記よりダウンロードいただけますので、ぜひご活用ください。

関連資料ダウンロードページ

お問い合わせ

ソフトウェア開発・評価/検証(ソフトウェアテスト)に関するご依頼・ご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。弊社製品・サービスに関するお問い合わせは、各商品Webサイトより受けつけております。

パートナー企業募集

Sky株式会社では長期的なお付き合いができ、共に発展・成長に向けて努力し合えるパートナー企業様を募集しております。パートナー企業募集に関するご依頼・ご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。

ページのトップへ