カーエレクトロニクス開発
(車載ソフトウェア開発)

各分野での豊富な請負実績を基に、要件定義から検査までを一貫してサポート

Sky株式会社では、国内自動車部品メーカー様との豊富な開発実績があり、ADAS(先進運転支援システム)や電動化の実現に必要な車載ECU、車両との通信連携に関するさまざまな組込みシステム開発(車載ソフトウェア開発)に携わっています。
設計から評価まで一貫して実施できる体制を整え、大規模プロジェクトや持ち帰りによる機能開発など、お客様の幅広い業務をサポートします。

注目されている分野「CASE」

近年のモビリティ業界においては、従来のようなマイカーの使用だけではなく、カーシェアリング、ライドシェアリングなどの新形態が誕生しています。クルマを「所有」する時代から「シェア」する時代へと変化するなかで、自動車メーカーには「CASE」による戦略変更が求められています。Sky株式会社は、モビリティを取り巻く時代の変化に柔軟に対応し「CASE」を構成する各分野において、数多くのソリューションを有しています。

コネクティッド

Connectedコネクティッド

データ通信の高速化や大容量化に伴って自動車のIoT化が進み、さまざまなサービスを提供できるようになっています。これまでの車載関連の通信制御や業務系の開発実績を生かし、コネクティッドに関係する開発をお手伝いします。

Connected (コネクティッド)
自動運転

Autonomous自動運転

ひと言に自動運転と言っても、社会インフラ、センター(通信)、各センサー、制御システムなど、幅広い領域があります。これから訪れる自動運転の未来に向けて、インフラから車載機器開発まで、幅広くサポートします。

Autonomous (自動運転)
シェア&サービス

Shared & Serviceシェア&サービス

自動車を所有するだけの時代から、シェアリングエコノミーの思想に基づいたサービスが提供される時代が始まっています。通信制御やECU開発の実績を生かして、カーシェアリングやライドシェアリングの実現をお手伝いします。

Shared & Service (シェア&サービス)
電動化

Electric電動化

環境問題への対策の一つとして電気自動車の普及が進む現代において、モビリティにとって電動化は切っても切り離せない要素となっています。充電から駆動まで、電動化に必要な幅広い技術を駆使し、電動化開発をサポートします。

Electric (電動化)

車載開発分野における豊富な実績

Sky株式会社は1990年代より30年以上にわたり、カーナビゲーションや各種ECUの開発に携わってきました。各分野において要件定義から評価まで一貫した開発実績があり、社内に第三者SQAチームも用意し、ISO26262やAutomotive SPICEに準拠した開発を支援します。

車載インフォテインメントシステムの開発実績

車載インフォテインメントシステムの開発実績イメージ

Android / Linuxにおけるナビ・オーディオ開発をはじめ、メーターやHUDなどの多くの製品開発に携わっています。また、車載機器とつながるスマートフォンアプリやサーバー側の開発もお手伝いすることができます。

車載インフォテインメント
カーナビゲーションシステム ナビゲーション
オーディオ
音声認識 音声認識
テレマティクスサービス Connected(コネクティッド)
スマートフォン連携
Bluetooth
Wi-Fi / DSRC
メーター
センターディスプレイ
ヘッドアップディスプレイ
通信モジュール Connected(コネクティッド)

車載 ECUの開発実績

パワートレイン、ボディ系をはじめ、電動化やADASに関わるECUを開発。モデルベース開発や、AUTOSAR開発の実績も豊富です。

車載ECU
車載ECU開発実績イメージ
パワートレイン
エンジン
トランスミッション
ブレーキ
電動化
パワーコントロール
電池
EV / HV
空調・電動コンプレッサー
シフトバイワイヤ
EVSE(充電用ケーブル)
Electric(電動化)
ボディ
ボディコントロールユニット
スマートECU
パワースライドドア / バックドア
シート
サンルーフ
メーター
ADAS・自動運転
単眼カメラ
ステレオカメラ
物体検出・認識
V2X ECU
ロケーター
レーンキープ
Autonomous(自動運転)

品質保証への取り組み

車載開発標準プロセス(ISO26262、Automotive SPICE準拠)を整備し、プロジェクトの運用期間中は第三者組織(SQA)が以下の対応を随時実施。プロセスを遵守することで、品質保証に取り組んでいます。

開発プロセス

ISO26262、Automotive SPICEに準拠した車載開発標準プロセスと、お客様標準の開発プロセスを融合させ、業務実態に即した請負プロセスを策定しています。

開発プロセス

監査体制

監査体制
Automotive SPICE

主な技術経験者数 (2021年9月現在)

モビリティ開発技術者

IVI 系
402
車載評価
368
ECU 系
420
サーバー系
202

モデルベース技術者

エントリーレベル
96
  • 既存の制御モデルに対して修正・変更ができる
  • 制御モデルのMILS評価ができる
ミドルレベル
18
  • 要求仕様または設計書を基に制御モデルを作成できる
  • MILS環境を構築できる
  • 評価結果の分析およびその対策が行える

関連資料ダウンロード

Sky株式会社のソフトウェア開発に興味を持ってくださった皆さまに向けて、各種資料をご用意しました。下記よりダウンロードいただけますので、ぜひご活用ください。

関連資料ダウンロードページ

お問い合わせ

ソフトウェア開発・評価/検証(ソフトウェアテスト)に関するご依頼・ご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。弊社製品・サービスに関するお問い合わせは、各商品Webサイトより受けつけております。

パートナー企業募集

Sky株式会社では長期的なお付き合いができ、共に発展・成長に向けて努力し合えるパートナー企業様を募集しております。パートナー企業募集に関するご依頼・ご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。

ページのトップへ