ソフトウェア評価/検証IoT検証

国際規格「SQuaRE」をベースにソフトウェア検証を行い、モノ同士のつながりを重視するIoTの品質向上を図ります。

モノ(機器)同士がつながるIoTにおいては、個別のモノだけで考えるのではなく、モノ同士の「つながり」やシステム全体の品質が重要になります。Sky株式会社では、ソフトウェア製品の品質要求および評価の国際規格ISO/IEC25000「SQuaRE(Software Product Quality Requirements and Evaluation)」をベースに検証を行い、品質向上を図ります。

開発初期の品質定義

IoTでつながる機器は、それぞれの機器によって品質にバラつきが生じる可能性があります。Sky株式会社では、開発初期の段階から検証担当者が携わり、設計前の品質要件を定義することでシステム全体の品質や達成度合いを詰め、品質のバラつきを防ぎます。

品質モデルを用いたソフトウェア検証

品質要件の定義では、「SQuaRE」で規定された品質モデルを用いることで、製品や分野に依存しない共通の品質を定めていきます。またテスト工程では、品質定義の中で定めた品質要件に従ってソフトウェア検証を行い、つながる製品やその分野に依存しないシステム全体の品質向上を図ります。

品質モデル1:製品品質モデル

品質モデル1 製品品質モデル

品質モデル2:利用時の品質モデル

品質モデル2 利用時の品質モデル

品質モデル3:データ品質モデル

品質モデル3 データ品質モデル
  • 上記品質モデルの各図は、情報処理推進機構(IPA)公表資料に基づき当社作成

パートナー企業募集

Sky株式会社では長期的なお付き合いができ、ともに発展・成長に向けて努力し合えるパートナー企業様を募集しております。パートナー企業募集に関するご依頼・ご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ

ソフトウェア開発に関するご依頼・ご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。弊社製品・サービスに関するお問い合わせは、各商品Webサイトより受け付けております。

ページのトップへ