業務系システム開発Scrum(スクラム)開発

要求事項の複雑化や市場ニーズの不確定性といった課題にも、Scrum(スクラム)開発なら変化にすばやく対応できます

近年の急速な市場環境の変化にどのように対応すべきか。
いまや事業活動の基盤となっているITシステムの構築は、事業の成否に関わる最重要の要件とも言われています。
しかし、事業における「成功」の定義は事業分野によって違いますので、本当に有益なITシステムを構築するには、技術者がお客様と同じ目線で「ユーザーにとっての満足とは何か」を考えることが不可欠です。
Sky株式会社は、「Scrum開発」によって早いサービス提供とフィードバック確認を行い、市場ニーズの変化にもいち早く対応するシステム構築を実現します。

Sky株式会社は、継続的に価値のあるソフトウェアを提供する「Scrum開発」によって、導入から定着化まで幅広く皆さまをご支援します。

なぜScrum(スクラム)開発が有効なのか?

「Scrum」は現状把握に最適なフレームワークです。透明性・検査・適用の三本柱で現状把握を推進し、自律的なチームを構築します。

市場ニーズが複雑さを増すなか、次々に新技術が登場する環境では、初期段階での見積もりや要件定義が難しいケースも少なくありません。
Scrum開発では、最小要件に落とし込んだ上で、短く区切った開発スパンごとに見積もりを実施して開発・評価を進めていきます。その結果、課題の単純化や問題検知の前倒しが可能となり、早い段階での軌道修正が行えるようになります。
また、MVP(Minimum Viable Product=ユーザーに価値を提供できる最小限の製品)を継続的に提供することで、早期に価値のある製品を市場へリリースできます。

Scrum(スクラム)による開発体制

Sky株式会社は、多くのお客様と共にさまざま体制での開発を経験しているので、お客様のニーズに合わせた開発体制を構築することが可能です。

豊富な実績に基づいた推奨体制

Scrum開発の知識とマインドを有するスクラムマスターと必要な技術を有するエンジニアをご提案します

Sky株式会社が最も多くの実績を有し、推奨している開発体制です。お客様のプロダクトオーナーの下で、弊社がスクラムマスターを立て、価値を創出する開発チームを編成することで、スクラムチーム全体の最適化を促進します。

そのほかの開発体制にも対応

お客様のプロダクトオーナー・スクラムマスターの下で、弊社が開発チームを編成する体制です。コミットした要件を実現し、価値のあるソフトウェアを継続的に提供できるチームをご提案します。

プロダクトオーナーおよびスクラムマスターを含む開発チーム全体を弊社エンジニアで編成する体制です。ROI(投資対利益率)を最大限に引き出す戦略立案から実現までを一貫して提供します。

Sky株式会社のScrum(スクラム)開発への取り組み

Sky株式会社では、Scrum開発の導入や定着を目的とする推進部隊を発足し、さまざまな取り組みを行っています。

状況把握と課題改善をサポート

これまでのScrum開発チームの実績を参考に、社内標準のスクラムガイドを策定し、状況把握や課題改善につながるサポートを促す仕組みを提供しています。

経験豊富なスクラムマスターによるコーチング

経験豊富なスクラムマスターが開発チームの運営に参加する機会をつくり、チームに新たな発見をもたらし、成長のきっかけを与えます。

資格取得の奨励

Scrum開発に従事しているメンバーを中心に、認定スクラムマスターの資格取得を推進し、Scrum開発チームの礎となるエンジニア育成につなげています。

認定スクラムマスター(CSM/LSM)

61

認定プロダクトオーナー(CSPO/LSPO)

7

  • CSM : Certified ScrumMaster
  • LSM : Licensed Scrum Master
  • CSPO : Certified Scrum Product Owner
  • LSPO : Licensed Scrum Product Owner
  • 資格取得者数(2020年2月現在)

パートナー企業募集

Sky株式会社では長期的なお付き合いができ、共に発展・成長に向けて努力し合えるパートナー企業様を募集しております。パートナー企業募集に関するご依頼・ご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ

ソフトウェア開発・評価/検証(ソフトウェアテスト)に関するご依頼・ご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。弊社製品・サービスに関するお問い合わせは、各商品Webサイトより受けつけております。

ページのトップへ