業務系システム開発クラウドインフラソリューション

クラウドインフラソリューションイメージ

開発チームとインフラチームのシームレスな連携で
クラウドの優位性を最大限に生かしたシステムの提案・構築・移行を実現

Sky株式会社のクラウド支援の主なサービス

主要クラウドベンダーが提供している豊富なサービスを適切に組み合わせ、お客様のニーズに応じた最適なクラウド環境をご提案します。

環境の設計から導入、移行、サポートまでをワンストップで対応し、業務系システムの開発に必要なクラウド環境の構築を支援します。

こうしたご要望があれば、ぜひお気軽にご相談ください

クラウド構築サービス

こんなご要望にお応えします

  • クラウドを活用して開発したいが環境構築できる担当者がいないので支援してほしい
  • クラウドに詳しい担当者がいないため環境構築だけではなく運用も含めて依頼したい
  • クラウド環境の構築に加えて、業務系システムの開発もワンストップで依頼したい

クラウド移行サービス

こんなご要望にお応えします

  • オンプレミス環境で構成されているシステムを、クラウド環境に移行したい

導入までの流れ

開発チームとインフラチームがシームレスに連携して、クラウドの優位性を最大限に生かした業務系システムの構築や移行を支援します。

要件定義

詳細なヒアリングによって既存システムの構成などを理解すると共に、現在の課題を把握します。

設計

ヒアリング内容に基づいて構成を設計します。開発工期や運用、セキュリティなど、あらゆる側面から検討した上で、開発チームと連携しながら、最適な構成で最も効果的なソリューションを設計します。

構築

お客様から管理者アカウントを提供していただき、ご契約中のクラウド環境の構築を進めます。

テスト

テストチームの体制やテスト内容に合わせて複数のテスト環境を用意し、並行して運用することでテスト工数の短縮やテスト精度の向上を図ります。

運用

クラウドソリューションとして、改善を加えることでコスト面、品質面で新たなメリットがある場合は、お客様へ改善の提案や構成の更新を行います。

目的に応じてクラウド開発を支援

運用上の手間を軽減する構成や移行性が高い構成、コスト面を重視した構成など、お客様のご要望やシステムの特性に応じたクラウド環境の構築を支援します。

AWS構成例

構成例01コンテナを活用したアプリケーション開発

AWS Fargateを使用するとEC2インスタンスの管理をしなくてもコンテナを管理することができます。利用時に必要なコンテナ数やCPUおよびメモリの組み合わせをシミュレーションし、適切な容量が割り当てられるため、EC2インスタンス使用時よりもコストを低減した環境を構築することが可能になります。

コンテナを活用したアプリケーション開発

構成例02サーバーレスでのアプリケーション開発

オンプレミス環境のサーバーの導入や運用にかかるコストが削減できます。ユーザーからのイベントが発生したときに、サービスの利用にかかるコストのみを計上する仕組みなので、サービスへのアクセスが少ないバッチ処理や小規模な管理画面アプリケーションなどでの活用に適しています。

サーバーレスでのアプリケーション開発

構成例03オンプレミス環境からクラウドへの移行

システムをオンプレミス環境からクラウドに移行することで、サーバーの運用などに伴う管理上の手間や人件費などのコスト削減につながります。しかし、クラウドは従量課金となる場合が多く、運用するシステムの機能や使用頻度によってコストが変動するため、事前にシミュレーションされることをお勧めします。

オンプレミス環境からクラウドへの移行

構成例04DevOpsを活用したアプリケーション開発

高品質のプログラムがリリースできるよう、ビルド作業およびデプロイ作業を自動化できます。ビルド時にかかる負荷を軽減し、デプロイ時に起きやすい人為的なミスの削減につながります。

DevOpsを活用したアプリケーション開発

AWSパートナープログラム

Sky株式会社は、AWSパートナープログラム(APN)にサービスパートナー として参加しており、2021年9月にアドバンストティアに昇格しました。弊社の強みであるセキュリティやアプリケーション構築に関する実績に加え、サーバーレス / コンテナ開発など、お客様のクラウド移行を加速させる開発実績を多く残しています。

AWS認定資格

弊社では、AWS認定の上位資格である「ソリューションアーキテクト プロフェッショナル」の資格保有者を中心とした、100人以上のAWS認定技術者が在籍しています。また、数多くのクラウドソリューションを提案・構築・運用してきたエキスパートによるチームを設立し、研修・教育やサポート体制の強化により、クラウドエンジニアの育成・拡充を図ることで、お客様の期待を超えるシステムのご提案を目指してまいります。

開発事例

事例01株式会社 日本経済新聞社 様

日経電子版や紙面に掲載する記事や写真などを編集・管理するCMSと連携し、デジタルコンテンツとしての公開日時と紙面の掲載予定を「Broadcasting Schedule」として一括管理・可視化するシステムをクラウド(AWS)上に構築。
デジタルと新聞の両面を見渡して制作・公開スケジュールを検討でき、Webやアプリ、メール、紙面特集など総合的なコンテンツ配信戦略を組み立てられる仕組みを実現しました。

事例02株式会社 日本経済新聞社 様

日経電子版のアクセス状況を蓄積しているビッグデータから、記事のアクセス数推移や流入経路、読者の属性やSNSシェアなどの行動を抽出し、分析・可視化するWebシステムをクラウド(AWS)上で独自に構築。
データや分析結果をリアルタイムに周辺システムに連携できるAPI機能も提供し、高度化するデジタルサービスの要件に対して、柔軟かつ迅速に配信内容を変更できる仕組みを実現しました。

事例03株式会社 日本経済新聞社 様

日経電子版の記事や写真を編集するCMSと連携し、コンテンツに付与するメタ情報を一元管理する「トピック管理システム」をクラウド(AWS)上に構築。
「新型コロナ」「メタバース」といったテーマや、オリンピックなどのイベント、筆者情報、ニュースの価値判断を表す「特ダネ」などの多岐にわたるメタ情報を、編集者が簡単に登録・修正できるようにしました。日経電子版では1日約1000本の記事が公開されており、記事をテーマやイベントごとで機動的に束ねることで、ユーザーが興味のあるコンテンツに出会いやすくなる仕組みを実現しました。

事例04株式会社 日本経済新聞社 様

日本経済新聞のオンラインイベント・ライブ動画サイト「NIKKEI LIVE」の運営システムをクラウド(AWS)上に構築。
ニュース解説やインタビューといったイベントのスケジュール・出演者情報などを管理します。既存サイト「日経イベント&セミナー」のデータを取り込み、カレンダーやキーワードなどでイベントを横断的に探せるAPIも開発しました。イベントには日経グループの共通アカウント「日経ID」で参加を申し込めるようにし、ユーザーは利用中のサービスからシームレスに、運営側にとってはユーザーの動向を精緻に把握できる仕組みを実現しました。

事例05矢崎総業株式会社 様

バス車内の乗車人数をリアルタイムに分析・可視化するためのデータ収集基盤、管理用Webシステムをクラウド(AWS)上に構築。
AIによる解析結果をリアルタイムに外部システムに連携する機能を提供し、業務量に応じてリソース調整を自動化させる仕組みを実現しました。

事例06三菱地所株式会社 様

重要な顧客接点である、エリアを包括する商業施設のポイントプログラムの中で利用するスマートフォン向けポイントカードアプリや店頭に設置されたポイント付与端末、裏側のポイント管理システム(AWS)の開発を全領域において担当。
他システムとポイント情報を連携するAPIやキャンペーン等の配信コンテンツを設定・管理するWebシステムも開発し、併せて運用もご支援しています。
本システムは10万人以上の一般コンシューマーを対象にしたサービスであり24時間365日の稼働が必要なため、冗長化の考慮やピーク時の大量アクセスを考慮した負荷分散を実施しています。

Azure活用例

活用例2オンプレミスからAzureへの移行

オンプレミスからAzureへの移行

関連資料ダウンロード

Sky株式会社のソフトウェア開発に興味を持ってくださった皆さまに向けて、各種資料をご用意しました。下記よりダウンロードいただけますので、ぜひご活用ください。

関連資料ダウンロードページ

お問い合わせ

ソフトウェア開発・評価/検証(ソフトウェアテスト)に関するご依頼・ご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。弊社製品・サービスに関するお問い合わせは、各商品Webサイトより受けつけております。

パートナー企業募集

Sky株式会社では長期的なお付き合いができ、共に発展・成長に向けて努力し合えるパートナー企業様を募集しております。パートナー企業募集に関するご依頼・ご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。

ページのトップへ