ニュース

報道関係者各位
お客様各位

企業・団体向け クライアント運用管理ソフトウェア
「SKYSEA Client View Ver.17.1」をリリースしました

2021年11月29日
Sky株式会社

Sky株式会社は、企業・団体向け クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.17.1」(スカイシー クライアント ビュー バージョン17.1)を開発、2021年11月29日より販売を開始いたしました。

SKYSEA Ver.17.1 コンソール画面

「SKYSEA Client View」は、「使いやすさ」をコンセプトに、資産管理・ログ管理・セキュリティ管理といった『情報漏洩対策』や『IT運用管理』を支援する機能を搭載しています。サイバー攻撃に対する多層防御や、組織のテレワーク運用を支援する機能なども搭載しているほか、各メーカー様の製品と連携することで、各種対策をさらに強化いただける連携ソリューションも提供しています。

「SKYSEA Client View Ver.17.1」では、よりセキュアなIT運用管理を支援するため、組織内のデータの暗号化とUSBデバイスによる持ち出しを特定のユーザーに限定して許可できるように強化。また、セキュリティアラートが発生した際の通知メールを、各部署の管理者に個別で送信し、分散管理ができるようにしました。ほかにも、認証システムとの連携機能において新たに顔認証システムに対応したほか、「Windows 11」搭載PCの運用管理が可能になるなど、各種機能の強化を図っています。

「SKYSEA Client View Ver.17.1」新機能

1. ファイルの持ち出しを特定のユーザーのみ許可できるように改善

「取り扱いファイル暗号化」機能 ※1による暗号化ファイルの持ち出しを、クライアントPCに加えてセキュリティグループやユーザーも併せて指定し、許可することが可能に。管理職のグループや特定の責任者のみ持ち出しを許可するなど、対象を限定することでさらにセキュアな運用につなげていただけます。
※1 一部エディション(テレワーク Edition / Light Edition / 500 Clients Pack / Standard Edition)ではオプションとして提供しています。

2. アラートの通知メールを各部署の管理者に送信し、分散管理を支援

アラート発生時に管理者へ送信する通知メールの宛先を、部署ごとに指定できるように改善。例えば、ある部署でアラート検知された場合に、同じ部署に所属する管理者へメール通知することができ、アラート発生時の対応を部署ごとに分散して行っていただけます。

3. 顔認証システムのユーザーごとに操作ログを記録・管理

他社メーカー様の認証システムとの連携機能において、新たに顔認証システムとの連携に対応 ※2。顔認証を使ってログインしたユーザーアカウントごとに、PCの操作状況をログで記録したり、デバイスの使用を制限できます。
※2 連携する認証システムについては、SKYSEA Client ViewのWebサイトをご覧ください。

4. 最新OS「Windows 11」に対応、大型アップデート制御も可能に

「Windows 11」を搭載したPCの運用管理に対応。PCごとにOSバージョンなどの情報が確認できるほか、事前の動作検証を行うための大型アップデートの制御や、品質更新プログラムの取得・適用が行えます。

<その他新機能・機能改善>

  • 「検疫ソフトウェアイベントログ監視」機能で遮断条件の優先順位が設定可能に
  • Windows 10 November 2021 Updateに対応
  • macOS Montereyに対応
  • Windows Server 2022に対応
  • Microsoft Office 2021に対応 など

※詳細は下記Webサイトにてご確認ください。
<SKYSEA Client View Webサイト>
https://www.skyseaclientview.net/

「SKYSEA Client View」の主な機能

資産管理 ハードウェア・ソフトウェアの詳細な情報を自動的に収集。日々変動するIT資産を適切に管理します。
ログ管理 クライアントPC上でのユーザーの操作や外部との通信、ファイルへのアクセス状況など、日々のPCの挙動をログとして記録。膨大なデータから必要な情報を抽出することで「いつ」「誰が」「何をしたのか」などを正確に把握し、情報漏洩リスクの早期発見を支援します。
セキュリティ管理 組織のセキュリティポリシーに反する操作に対してアラートで通知したり、操作そのものを禁止したりすることができます。アラートは管理機へも通知されるため、速やかな状況の把握にもお役立ていただけます。クライアントPCへの更新プログラム適用を支援する機能も搭載しています。
デバイス管理 社内にある多くのUSBデバイスやメディアなどの外部記憶媒体を徹底管理。利用権限の設定や棚卸までをサポートします。
ITセキュリティ対策強化 ※3 日々巧妙化が進むサイバー攻撃への対策として、UTMやウイルス対策ソフトウェアなどのセキュリティ製品と連携し、多層防御を強化。不審な通信やマルウェア侵入の早期把握、感染PCのネットワーク遮断など、リスクの最小化を支援します。
※3 一部エディション(Light Edition / 500 Clients Pack / Standard Edition)ではオプションとして提供しています。
レポート レポート機能を使って、IT機器の運用状況を詳細に把握。レポートを分析することで、コスト削減やセキュリティポリシーの改善などにお役立ていただけます。
メンテナンス リモート操作※4で離れたクライアントPCのメンテナンスが行えます。同時接続や一斉操作も可能で、複数のクライアントPCを管理する際に作業効率が向上します。
※4 「リモート操作」機能は、一部エディション(Light Edition)ではオプションとして提供しています。
ソフトウェア資産管理(SAM) 「ソフトウェア資産管理(SAM)」に必要な管理台帳を用意し、ソフトウェア資産の適切な管理を支援します。
サーバー監査※5 Windows Serverのイベントログ(監査ログを含む)を活用して、重要なデータが集約されることの多いサーバーへのアクセス状況の把握や、操作状況の確認が行えます。
※5 オプションとして提供しています。
モバイル機器管理(MDM)※6 iPhone / iPad / iPod touchの資産情報を管理するために、一般的なモバイルデバイスマネジメント(MDM)の一部である資産管理機能をご用意しました。
※6 オプションとして提供しています。

販売体制

「SKYSEA Client View Ver.17.1」は、官公庁、自治体、民間企業、団体などを主な対象として、全国の販売代理店を通じてソフトウェアの販売を行います。

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせはこちら(SKYSEA Client View Webサイト)

  • SKYSEA および SKYSEA Client View は、Sky株式会社の登録商標です。
  • Microsoft、Windows および Windows Server は、Microsoft Corporationの登録商標または商標です。
  • Mac、macOS、iPhone、iPad および iPod touch は、Apple Inc.の登録商標または商標です。
  • その他記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。
  • 本文中に記載されている事項の一部または全部を改変することは、いかなる理由、形態を問わず禁じます。

掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ページのトップへ