ニュース

報道関係者各位
お客様各位

企業・団体向け クライアント運用管理ソフトウェア
「SKYSEA Client View Ver.16.2」をリリースしました

2021年03月29日
Sky株式会社

Sky株式会社は、企業・団体向け クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.16.2」(スカイシー クライアント ビュー バージョン16.2)を開発、2021年3月29日より販売を開始いたしました。

SKYSEA Ver.16 コンソール画面

「SKYSEA Client View」は、「使いやすさ」をコンセプトに、資産管理・ログ管理・セキュリティ管理といった『情報漏洩対策』や『IT運用管理』を支援する機能を搭載しています。サイバー攻撃に対する多層防御や、組織のテレワーク運用を支援する機能なども搭載しているほか、各メーカー様の製品と連携することで、各種対策をさらに強化いただける連携ソリューションも提供しています。

「SKYSEA Client View Ver.16.2」では、テレワークなどで利用する機会も多いWeb会議システムの資産情報を新たに収集・管理できるように機能を強化。また、データの不正な持ち出しを防ぐため、事前に登録した宛先以外にメールが送信される際に、添付ファイルを自動で削除できるようにしました。そのほか、ウイルス対策ソフトウェアの動作状況などPCの状態を自動で診断し、セキュリティリスクがある場合に利用者にメッセージで通知する機能などもご用意しています。

「SKYSEA Client View Ver.16.2」新機能

1.Web会議システムのバージョン情報が管理可能に、脆弱性対策の徹底を支援

テレワークに欠かせないWeb会議システムを安全に利用し続けるには、常に最新バージョンへ更新し、脆弱性を放置しないことが重要です。Ver.16.2では、クライアントPCごとのWeb会議システムのインストール状況やバージョンを資産情報として収集可能に。未更新のPCを素早く確認できるようにすることで、脆弱性対策の徹底をサポートします。

2.従業員に累計残業時間をお知らせし、残業に対する意識づけをサポート

業務終了時刻をお知らせするメッセージ上で、従業員が当月の累計残業時間を確認できるようにしました。従業員が自身の残業時間を都度把握できるようにし、上限に近づいていないかなど残業に対する意識づけをサポートします。累計残業時間は管理機からも確認が可能です。

3.組織外へ送るメールの添付ファイルを自動で削除し、データの持ち出しを防止※1

事前にメールアドレスやドメインを登録しておくことで、未登録の宛先を含むメールが送信される際に添付ファイルを自動で削除できます。組織内のデータをメールで外部に持ち出すといった、情報漏洩リスクが伴う行為を防止することができます。

4.ネットワークドライブの使用を制限し、データの持ち出しを防止

USBメモリなど各種デバイスの使用制限が行える「デバイス管理」機能で、新たにネットワークドライブの使用制限が可能に。より幅広い機器を対象に書き込み等の操作を禁止でき、社内データの不要な持ち出しを防止します。

5. PCを自動診断、セキュリティリスクを伴う状態を素早く通知※2

ウイルス対策ソフトウェアの動作状況やWindows更新プログラムの適用状況など、PCの状態をまとめて診断し、セキュリティリスクを検出した際にアイコンやメッセージで通知。対処法とともに利用者へ知らせることができます。ウイルス感染や脆弱性の放置につながるPCの状態を素早く把握し、対処につなげることで情報漏洩対策を徹底いただけます。

<その他新機能・機能改善>

  • SMB※3の暗号化環境でのログ取得に対応
  • UbuntuのLinux™端末に対応
  • macOS Big Sur(11.1)に対応
  • Microsoft SQL Server 2019に対応 など
  • ※1 本機能は「Microsoft Outlook」の2003以降のバージョンにのみ対応しています。また「送信メールログ」機能<オプション(Professional Edition / テレワーク Edition / Light Edition / 500 Clients Pack)>として提供いたします。
  • ※2 全エディションでオプションとして提供いたします。
  • ※3 LAN内のPC間でファイル共有を行うための通信プロトコルです。

※詳細は下記Webサイトにてご確認ください。
<SKYSEA Client View Webサイト>
https://www.skyseaclientview.net/

「SKYSEA Client View」の主な機能

資産管理 ハードウェア・ソフトウェアの詳細な情報を自動的に収集。日々変動するIT資産を適切に管理いたします。
ログ管理 クライアントPC上でのユーザーの操作や外部との通信、ファイルへのアクセス状況など、日々のPCの挙動をログとして記録。膨大なデータから必要な情報を抽出することで「いつ」「誰が」「何をしたのか」などを正確に把握し、情報漏洩リスクの早期発見を支援します。
セキュリティ管理 組織のセキュリティポリシーに反する操作に対してアラートで通知したり、操作そのものを禁止したりすることができます。アラートは管理機へも通知されるため、速やかな状況の把握にもお役立ていただけます。クライアントPCへの更新プログラム適用を支援する機能も搭載しています。
デバイス管理 社内にある多くのUSBデバイスやメディアなどの外部記憶媒体を徹底管理。利用権限の設定や棚卸までをサポートいたします。
ITセキュリティ対策強化 日々巧妙化が進むサイバー攻撃への対策として、UTMやウイルス対策ソフトウェアなどのセキュリティ製品と連携し、多層防御を強化。不審な通信やマルウェア侵入の早期把握、感染PCのネットワーク遮断など、リスクの最小化を支援します。※4
※4 一部エディション(Light Edition / 500 Clients Pack / Standard Edition)ではオプションとして提供しています。
レポート レポート機能を使って、IT機器の運用状況を詳細に把握。レポートを分析することで、コスト削減やセキュリティポリシーの改善などにお役立ていただけます。
メンテナンス リモート操作※5で離れたクライアントPCのメンテナンスが行えます。同時接続や一斉操作も可能で、複数のクライアントPCを管理する際に作業効率が向上します。
※5 「リモート操作」機能は、一部エディション(Light Edition)ではオプションとして提供しています。
ソフトウェア資産管理(SAM) 「ソフトウェア資産管理(SAM)」に必要な管理台帳を用意し、ソフトウェア資産の適切な管理を支援します。
サーバー監査 Windowsサーバーのイベントログ(監査ログを含む)を活用して、重要なデータが集約されることの多いサーバーへのアクセス状況の把握や、操作状況の確認が行えます※6
※6 本機能はオプションとして提供しています。
モバイル機器管理(MDM) iPhone / iPad / iPod touchの資産情報を管理するために、一般的なモバイルデバイスマネジメント(MDM)の一部である資産管理機能をご用意しました※7
※7 本機能はオプションとして提供しています。

販売体制

「SKYSEA Client View Ver.16.2」は、官公庁、自治体、民間企業、団体などを主な対象として、全国の販売代理店を通じてソフトウェアの販売を行います。

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせはこちら(SKYSEA Client View Webサイト)

  • SKYSEA および SKYSEA Client View は、Sky株式会社の登録商標です。
  • Windows、Microsoft、SQL Server および Outlook は、Microsoft Corporationの登録商標または商標です。
  • Ubuntu は、Canonical Ltd.の登録商標または商標です。
  • Linux® は、Linus Torvaldsの登録商標または商標です。
  • macOS、iPhone、iPad および iPod touch は、Apple Inc.の登録商標または商標です。
  • その他記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。
  • 本文中に記載されている事項の一部または全部を改変することは、いかなる理由、形態を問わず禁じます。

掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ページのトップへ