セキュリティ・脆弱性について

グローバルIPアドレス環境で運用されている場合の注意喚起(CVE-2016-7836)

2017.03.08 追記
より詳細な情報を追加いたしました。

2016年12月21日
Sky株式会社

平素より、当サイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。
SKYSEA Client View のエージェントがインストールされている端末に関して、グローバルIPアドレスを割り当てられており、かつSKYSEA Client View が使用している通信ポートをブロックしていない環境にて、組織外のサーバーから不正なパケットを受信する事例が確認されています。

当該環境でご運用のお客様に対して、保守契約ユーザー用Webサイトにて、対策パッチをご提供しております。お手数をおかけいたしますがご適用のほどお願いいたします。

保守契約ユーザー用Webサイト
https://www.skyseaclientview.net/scv_sp/d/?l=news1557

現在の出荷バージョンであるVer.11.3(Ver.11.300.08h)では、上記対策パッチは適用済みですので改めてご適用いただく必要はございません。

2016.12.27 追記

ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。


関連記事(2017年6月28日更新)


掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

戻る