ニュース

お客様各位

「第8回 IoT/M2M展【春】」に出展
ご来場ありがとうございました

2019年4月15日
Sky株式会社

Sky株式会社は、2019年4月10日(水)~12日(金)、無線通信技術やセンサーをはじめ、遠隔監視、生産管理などのアプリケーション、AIを活用したデータ分析などさまざまなソリューションが一堂に集結する「第8回 IoT/M2M展【春】」に出展いたしました。

この度は、多くの皆さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。おかげさまをもちまして、無事盛況のうちに終了することができました。
心より御礼申し上げます。

※この映像は音声が流れます。

主な展示内容

  • IoT技術紹介
    IoTに関わる各開発領域・技術要素に対して、Skyの豊富な開発実績を生かし、クラウドサービスからデバイス制御までワンストップで開発をサポートします。
    https://www.skygroup.jp/software/technology/#technology04
  • 3種類のエッジ推論実行ソフトウェアのご紹介
    エッジデバイスごとにDeep Learningの推論実行を最適化するSDKを活かし、資源が限られるエッジにて目的に応じたAIソフトウェアを開発します。
  • AI・画像認識における実績と技術のご紹介
    車載、FA、医療など幅広い分野で活用できるAI・画像認識ソフトウェア開発においてPoC、学習データ作成、ポーティング、システム化などあらゆるフェーズを対応します。
    https://www.skygroup.jp/software/technology/#technology02
  • UIテスト自動化「SKYATT(スカイアット)」
    受託開発で培ってきたノウハウを生かして自社開発した、UIテスト自動化ツール「SKYATT」。本ツールを活用していただくことで、お客様のソフトウェア検証の自動化や、作業の効率化を支援します。
    https://www.skygroup.jp/software/quality/quality03.html
  • ADAS試作アプリケーション
    高度運転技術や自動運転に必要となる、画像認識技術と自車位置推定技術を活用した試作アプリケーションの開発を行い、開発者のADAS関連技術習得に取り組んでいます。
    https://www.skygroup.jp/software/car/car01.html
  • 企業・団体向け クライアント運用管理ソフトウェア『SKYSEA Client View』
    「使いやすさ」をコンセプトに、情報漏洩対策に必要なログ管理などの各種機能を搭載したソフトウェアです。クライアントPCだけではなく、オフィスのネットワークに接続されたIT機器の一元管理が行えます。

掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ページのトップへ