Sky株式会社
  • 拠点のご案内
  • 企業情報

医療機関向け IT機器管理システム SKYMEC IT Manager

医療現場の情報漏洩対策とIT運用管理を支援

診断結果や病歴、レセプト情報など、日々蓄積されるリスクの高い個人情報の管理をはじめとする情報漏洩対策を支援します。診療行為に影響を与えないよう、病院内のIT機器を障害から守り、安定して運用いただくための機能も搭載。今後より複雑化、高度化する医療ITを支援します。

SKYMEC IT Manager画面

SKYMEC IT Manager 概要

病院でのIT機器管理に最適化した機能で業務をサポート
病院では24時間365日、PC・ネットワークが稼働しており、PCトラブルで診療を止めることは絶対にできません。SKYMEC IT Managerでは、院内PCの異常を素早く把握する機能や、ヘルプデスク対応の効率化を支援する機能などを搭載。日々のIT機器の運用管理をサポートし、管理担当者様の負荷軽減を図ります。
標的型攻撃に対する状況把握、情報漏洩対策を支援
組織をターゲットとした標的型攻撃によるマルウェア感染が大きな脅威となっています。病院業務においても、インターネットに接続されたネットワーク上で職員がPCを利用する際には、外部からのメールなどを通して被害を受けるリスクがあります。攻撃によるシステム内部へのマルウェア侵入をいち早く把握し、更新プログラムの適用などを速やかに行えるよう、対策を講じておく必要があります。
職員のマイナンバーなど、重要データの安全運用を支援
病院で扱われる患者様の個人情報には、診断結果や病歴などの機微な情報が多く含まれており、漏洩事故などによりこれら情報が流出してしまえば、経営に大きな損失を与えることになります。また、院内では職員の特定個人情報なども取り扱われており、これら重要データを情報漏洩から守るためにも、取り扱い状況を把握し、IT機器での利用を適切に管理することが求められます。
※ 特定個人情報:マイナンバーや、マイナンバーに対応する符号をその内容に含む個人情報を指します。