Sky株式会社
  • 拠点のご案内
  • 企業情報

ニュース

お客様各位

保有特許有償開放のお知らせ
『コンピュータ操作制限システム及びコンピュータ操作制限方法、並びにコンピュータ操作制限プログラム』

2011年1月14日
Sky株式会社

ソフトウェア開発会社のSky株式会社は、当社が所有している特許のうち「コンピュータ操作制限システム及びコンピュータ操作制限方法、並びにコンピュータ操作制限プログラム(登録日:2010年10月15日/登録番号:特許第4605162号)」を2011年1月7日より有償にて開放しましたことをお知らせいたします。

コンピュータ操作制限システム及びコンピュータ操作制限方法、並びにコンピュータ操作制限プログラム

登録番号 特許第4605162号
登録日 2010年10月15日
目的 学校教育現場やオフィスのコンピュータ操作において、正しい操作を行うに至るまで効率よく誘導・規制できるコンピュータ操作制限システムを提供すること。
概要 学校教育現場やオフィスでのコンピュータ操作において、管理者コンピュータが、一連の操作に沿って時系列に記憶された入力履歴に基づいてポインティングデバイスの操作可能領域を設定し、その領域の範囲内で前記入力履歴に基づいた一連の操作手順に沿って操作させるよう規制するための制限情報を生成し、通信接続されているクライアントコンピュータにその制限情報を送信する。制限情報を受信したクライアントコンピュータは、その情報に基づき、ユーザによるポインティングデバイスの操作を制限する。これによって、クライアントコンピュータにて正しい操作が行われるまで効率よく誘導・規制することができる。

SKYSEA Client View Webサイト 『有償開放特許』

http://www.skyseaclientview.net/patent/

  • 当社の特許権と第三者の権利との関係につきましては、当社では一切責任を負いません。
  • ライセンスに伴うノウハウ、技術指導や各種条件につきましては、個別にご相談させていただきます。
  • 有償開放特許一覧におきましては、各特許の内容についてわかりやすさを第一として記載しております。これらの記載は、各特許の権利解釈に影響を与えるものではありません。各特許の権利解釈は個別関連法規に従った解釈が適用されることとなります。

掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。