Sky株式会社
  • 拠点のご案内
  • 企業情報

ニュース

お客様各位

クライアント運用管理ソフトウェア
「SKYSEA Client View Ver.3」新発売

2007年12月17日
Sky株式会社

ソフトウェア開発会社のSky株式会社は、クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.3」(スカイシー クライアント ビュー バージョン3)を開発、2007年12月17日から販売を開始いたしました。

「SKYSEA Client View Ver.3」は、情報セキュリティポリシーの運用を支援する、情報漏えい対策ソフトウェアです。今回のバージョンアップでは、お客様からの数々のご要望を元に、使いやすさを追及した新機能を搭載し、また、従来の機能も改善・強化いたしました。

「SKYSEA Client View Ver.3」の概要

情報漏えいが社会問題となる今、各企業・団体では、さまざまな対策が打たれています。

これまで、情報資産を守るために求められていたのは「抑止」でした。それはコンピュータを常に監視し、問題となる可能性のある行為を制限するシステムです。しかし、今後のセキュリティ対策に必要となるのは、職場の社員や職員一人ひとりが情報セキュリティについて高い「自覚」を持つことだと考えます。

「SKYSEA Client View Ver.3」には、その「自覚」を促すシステムがあります。しかし、それも使いこなせなければ、結局「抑止」のシステムと変わりがありません。そのため、私たちはソフトウェアの「使いやすさ」に配慮しました。「SKYSEA Client View Ver.3」は「使いやすさ」で、より高いセキュリティ環境の実現をめざします。

「SKYSEA Client View Ver.3」は、情報セキュリティに必要なアラート(注意表示)、ログ管理、端末機制限・制御、資産管理などの機能を標準装備しているので、初めから包括的な対策が実現できます。サーバレスでの運用も可能なので、初期費用を抑えた段階的なセキュリティ対策が可能です。

※詳細は専用Webサイトにてご確認ください。
http://www.skyseaclientview.net/

「SKYSEA Client View Ver.3」の新機能

1.特定の操作を見逃さないワンタッチ録画
従来からの機能である、画面操作録画をさらに強化しました。あらかじめ設定をしておいた場合の検知録画に加えて、録画の設定をしていなくても、特定の操作を発見したときに、その場で操作画面を簡単に録画できます。
2.用途に合わせてクライアントPCの閲覧方法を自由に選択
クライアントPCの状況が視覚的に把握できる「デスクトップビュー」、端末に関する各種の情報を表示する「端末リストビュー」をご用意しています。
3.クライアントPCの情報を簡単に確認できるプロパティ画面
クライアントPCをダブルクリックするだけで、そのクライアントPCの端末情報を簡単に表示。要注意表示されているクライアントPCの場合、注意内容も表示でき、必要な情報を一目で確認することができます。
4.機能を各わかりやすく解説してくれる機能ガイド
メニューバーのアイコンにマウスを合わせると、専用ウィンドウに各機能の解説が表示されます。マニュアルを毎回見る手間が省け、大変便利です。

「SKYSEA Client View Ver.3」の主な特長

1.だれでも直感的に操作可能!わかりやすいメニューバー
どんなに多機能でも、操作に手間取れば運用には役立ちません。「SKYSEA Client View Ver.3」のメニューバーは、一般的なセキュリティソフトウェアに比べて、シンプルなアイコンで、わかりやすく整理されています。
また、操作内容をイメージしやすい用語も表記することで、よりわかりやすくなっています。
2.簡単設定で運用準備がすぐに完了!操作に迷わないシンプルな設定画面
一般的なセキュリティソフトウェアは、Windowsの標準的なソフトウェア設定画面に合わせて、複数の設定を1つのウィンドウにまとめています。これでは見た目も複雑で、操作に迷う可能性があります。「SKYSEA Client View Ver.3」の設定画面は、1設定1ウィンドウ。操作の流れを明確にすることで、設定の手順に迷いません。
また、よく使われる項目をあらかじめ用意しているので、ポリシー定義の必要が無く、複雑な設定項目を直接編集する手間を省略することができます。
3.必要な機能を標準装備
包括的な情報セキュリティ対策に必要な、注意表示(アラート)、ログ管理、端末機制限・制御、資産管理の各機能を標準装備しております。また、用途に合わせて、より高機能で付加価値の高いオプションもご用意しております。
4.インストールが簡単。シンプルな導入ステップ
インストールするソフトウェアが一目でわかるインストールランチャー。インストール時に必要な設定項目は、ログの保存場所と管理機情報のみ。一般的なセキュリティソフトウェアと比べて、インストール作業が簡単です。

「SKYSEA Client View Ver.3」の主な用途

1.クライアントPCの運用管理
セキュリティ事故の検証や特定の操作の検知に不可欠なログを確実に収集・保存し、膨大なログから確認したいログをスピーディーに解析することができます。また、リアルタイムに特定の操作を注意表示(アラート)で通知したり、クライアントPCの画面を録画することができるので、ファイルの流入流出経路を簡単に特定できます。
2.情報漏えいの防止
Winnyなどのファイル共有ソフトウェアの利用など、あらかじめ禁止事項を設定することで、起動を検知し自動的に強制終了させることができ、情報漏えいの防止を強化できます。離れた場所にある管理機から、複数のクライアントPCの一斉操作が可能です。定型操作やメンテナンスツールとして活用すれば、管理者側の作業負担を軽減できます。
3.資産管理台帳の作成
クライアントPCのメモリやCPUなどの構成、インストールしているソフトウェア情報など、資産情報を自動収集しCSVファイル形式でエクスポートすることができます。Excelで編集ができるので、自社にあった資産管理台帳の作成が可能です。

販売体制

「SKYSEA Client View Ver.3」は、官公庁、自治体、民間企業、団体などを主な対象として、全国の販売代理店を通じてソフトウェアの販売を行います。

動作環境

詳細は専用Webサイトにてご確認ください。
http://www.skyseaclientview.net/product/

掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。