Sky株式会社
  • 拠点のご案内
  • 企業情報

ニュース

報道関係者各位

クライアント運用管理ソフトウェア

「SKYSEA Client View」を発売

2007年2月1日
Sky株式会社

ソフトウェア開発会社のSky株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役:大浦 淳司、資本金:200,000千円)は、クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」(スカイシー クライアント ビュー)を開発、販売を開始します。

「SKYSEA Client View」の概要

情報漏洩が社会問題となる今、コンピュータ管理は企業にとって欠かせないリスク管理のひとつです。そこで当社は、組織全体で企業の情報資産を管理し情報セキュリティポリシーを運用していくために、情報システム部門の技術者以外でも簡単に操作できるクライアント運用管理ソフトウェアを開発いたしました。

情報セキュリティに必要なログ管理、端末機制限・制御、資産管理などの機能を標準装備しているので、初めから包括的な対策が実現できます。サーバレスでの運用が可能なので、初期費用を抑えた段階的なセキュリティ対策が可能です。

「SKYSEA Client View」の主な特長

1.簡単に使える操作画面
「SKYSEA Client View」は、設定から運用までシームレスに操作できるインターフェースです。
利用シーンを想定してアイコンを分類、タブで切り替え可能にすることで、大きなアイコンとすっきりとしたレイアウトを実現いたしました。機能名も一目瞭然で、多機能だけど使いやすい、直感的な操作を可能にしています。
特別なIT技術を必要としないので、情報システム部門の担当者から、各部門の管理者まで幅広くセキュリティ対策に携わることができ、職場全体のセキュリティ意識の向上につながります。
画面イメージ
2.画面操作録画
操作ログだけではわからないクライアントPCの画面操作内容をビデオのように録画可能です。操作ログと連動し確認したい録画画面を再生することで、操作ログだけではわかりづらい内容を、より詳細に把握できます。
すべての操作を録画できるだけでなく、利用シーンにあわせて録画方法を選択することが可能です。
また、不要な部分を削除して必要なところのみを切り出して保存することもできます。
画面イメージ

主な用途

クライアントPCの監視:
セキュリティ事故検証や違反検知に不可欠なログを確実に収集・保存し、膨大なログから確認したいログをスピーディーに解析することができます。また、リアルタイムに禁止行為をアラームで通知したり、クライアントPCの画面を録画することができるので、ファイルの流入流出経路を簡単に特定することができます。
情報漏洩の防止:
Winnyなどのファイル共有ソフトウェアの利用などあらかじめ禁止事項を設定することで、起動を検知し自動的に強制終了させることができ、情報漏洩の防止を強化させることができます。離れた場所にある管理機から、複数のクライアントPCの一斉操作が可能です。定型操作やメンテナンスツールとして活用すれば、管理者側の作業負担を軽減することができます。
資産管理台帳の作成:
クライアントPCのメモリやCPUなどの構成、インストールしているソフトウェア情報など、資産情報を自動収集しCSVファイル形式でエクスポートすることができます。Excelで編集ができるので、自社にあった資産管理台帳の作成が可能です。セキュリティパッチを自動配布しインストールすることができるので、システム管理者の手間を軽減することが可能です。

販売体制

「SKYSEA Client View」は、官公庁、自治体、民間企業、団体などをおもな対象として、全国の販売代理店を通じてソフトウェアの販売を行います。

動作環境

詳細は専用Webサイトにてご確認ください。
http://www.skyseaclientview.net/

掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。